枚方のトイレリフォーム業者に依頼するときのポイントと注意点

バスルーム

new posts

2016/04/05

トイレリフォームで考慮したい幾つかのポイント

トイレというのは家の中で最も狭いスペースかもしれませんが、最も落ち着くところでもあり、トイレがいつもきれいで快適だとすっきりした気持ちになれますが、そうではないとなんだか面白くない気持ちになります。トイレを快適にすることは、生活の中でもかなり重要な部分であり、後回しにしたくはないところです。単に便器が古いので新しいものと取り返るというだけではなく、段差の問題や収納スペース、そして手洗…

2016/04/05

トイレリフォームで明るく快適に

トイレは用を足すための場所ですが、1人になれる時間でもあるので明るさや快適さを求めてしまいます。まず思いついたのが、子どもたちが成長をして背も大きくなってきましたのでトイレットペーパーの位置です。小さいうちはトイレットペーパーを引っ張り出して無駄に紙を使わないようにと高いところに隠していたのですが、もうそんな心配は無くなりましたので、目線の高さに設置することに決めました。とは言っても…

トイレリフォームをするときの注意点

トイレ

マイホームのトイレが古くなり、新しいトイレにリフォームするときに何に注意をしたらよいでしょうか。トイレリフォームをする理由が明確で、ウォシュレットが壊れたとか、トイレの水を節約するために最新の節水トイレにリフォームしたいということであれば、一番安くトイレリフォームしてくれる業者はどこにするかくらいを決めれば、比較的簡単にリフォームできると思います。
難しいのは、完全に壊れたわけではなく、水漏れがする場合など、部品交換などの修理をすべきか、この際、新しいトイレにリフォームするべきかという場合は少し注意が必要です。
自分でトイレのメーカーに問い合わせて、自分で全部確認する場合はどちらを判断しても自己責任ですが、例えば、お得意先のリフォーム業者とか、マイホームを購入した時の不動産業者に任せる場合などは、その業者がトイレメーカーに連絡をすることになりますから、水漏れなどで一部の部品などを交換すれば、まだ十分にトイレを使用できる状態であっても、業者の利益を少しでも増やすために、「メーカーに確認してみましたが、このトイレはすでに製造中止になっており、部品の在庫もすでになくなっているため、修理ができず、新しいトイレに交換するしかありません。」と言ってくることがあります。本当にメーカーに確認して事実の場合もありますが、本当かウソかはわかりません。トイレリフォーム業者の言葉を鵜呑みにしてしまったら、何千円から何万円の修理で済むものを何十万円も払わされることも考えられます。
ですので、このようなフレーズをトイレリフォーム業者が言ってきた時は、すぐ契約せずに、後日、改めて、必ずご自身でメーカーに問い合わせてみることをお勧めします。その結果、本当に在庫がなくなっているのであれば、新しいトイレにこの際、交換するかどうかの判断をされたらいいと思います。

マンションのトイレリフォームのポイント

トイレリフォームは思っているよりも簡単で、たいていは一日かからず終わってしまいます。
ただし、マンションのトイレリフォームには、排水管とどのようにつながっているかという制約があります。排水のタイプには、床排水、壁排水があり、マンションによってその排水位置の寸法が微妙に変わってきます。マンションによっては設置できない便器がある場合もすくなくありません。せっかく工事を申し込んだのに便器がつかなかったとならないよう、あらかじめ施工店に現地調査して便器を選定した方が良いでしょう。
また、トイレリフォームする際は、単純に便器だけを交換するやり方もありますが、おすすめはトイレの内装も一緒に新しくしてしまうやり方です。というのも、新しい便器はサイズがコンパクトになっているため、便器を交換すると以前の便器の跡や水はねの汚れが目立ってしまうためです。
トイレはごく小さな空間なので、内装をやりかえてもそれほど手間も時間もかかりません。天井と壁のクロス、床材、場合によっては巾木の交換をしてしまえば良いので、やはり一日ですべての工事が済んでしまいます。
トイレを交換する水道業者と別に内装業者が入ると多少割高になりますが、最近では、多能工といってトイレの交換も内装工事も出来てしまう職人もいます。トイレリフォームをする際は、内装もセットで工事してもらえるか、施工店に確認してみましょう。

老後に備えたトイレリフォーム

大阪の枚方にある実家のトイレをリフォームしました。体が不自由になった時のことを考えてのトイレリフォームです。両親から枚方にあるリフォーム業者でのトイレリフォームを考えているから、ちょっと助けて欲しいと言われた時は驚きました。突然、どうしたの?と言うと、いざという時に備えて元気なうちにリフォームしたいと言います。そんなことを考えていたとは全然思わなかったです。
でも、気が付いてみれば、両親も70歳を過ぎ、色々思うことがあるんだなと思い、分かったと答え、トイレリフォーム業者「おうちカンパニー」さんとのやり取りに同席して、話を詰めていくことにしました。
トイレリフォーム業者「おうちカンパニー」さんが提示するアイデアにはいちいち驚くことばかりでした。まず扉が変わりました。ドアが開き戸から引き戸に変わりました。引き戸の方が無駄な動きをしなくて良いため、負担が少ないそうです。トイレの位置もアイデアをいただき、狭い我が家のトイレでも廊下を活用したら車椅子を使うようになっても大丈夫になりました。それだけではありません。トイレの便座の角度や高さまで、使いやすいトイレにする方法というものがあることが分かりました。
私が思いつく体が不自由になってからのトイレは、手すりと扉の所の段差をなくすことくらいでした。トイレリフォームを枚方にある業者「おうちカンパニー」さんにリフォームをお願いして本当に良かったです。自宅での事故は意外に多いものです。今回はトイレでしたが、少しずつ家のリフォームを枚方のリフォーム業者「おうちカンパニー」さんに依頼して進めていきたいと思うようになりました。

▽おすすめのリフォーム業者はコチラ▽

大阪でトイレリフォームを依頼するなら枚方のトイレリフォーム業者|おうちカンパニーがイチオシ!

contents

トイレリフォームで明るく快適に

トイレは用を足すための場所ですが、1人になれる時間でもあるので明るさや快適さを求めてしまいます。まず思いついたのが、子どもたちが成長をして背も大きくなってきましたのでトイレットペーパーの位置です。小さいうちはトイレットペーパーを引っ張り出して無駄に紙を使わないようにと高いところに隠して…

»readmore

節水タイプのトイレリフォーム

大阪の枚方にある私の実家では20年以上も同じトイレを使っています。最新型と比べると水の使用量も気になるし、タンクの中から水がポタポタと落ちているような音がするのが心配です。そろそろ新しいものに取り換えたいなあと考えています。よく行くホームセンターでは、最近、新しくトイレリフォームされて…

»readmore

我慢するよりトイレリフォーム!

もう、ハッキリと言ってしまうと、毎日毎日「新しいトイレにしたいな?」「でも、お金かかるだろうし?」などと我慢しているぐらいならば、いっそトイレリフォームをしてしまった方がいいと言えるでしょう。古いトイレ空間および便器を我慢し続けながら使い続けているよりも、しばらくお金を節約して、そして…

»readmore